男の価値は時給で決まる!!

こんばんは、滋野一義です。

あなたは、
先月どのくらい残業しましたか?

多い人になると、
100時間以上も、、、

残業が多いとボヤいているあなた、
時給換算すると先月はいくらですか?

仕事は成果で決まります。

労働時間の長さではなく、
時給で勝負する時代です。

バブルの崩壊や、
リーマン・ショックのお陰で、
景気が低迷していました。

その間に、
グラック企業と呼ばれる
ヤバイ企業が生まれたのです。

グラック企業は、
社員を低賃金でこき使うので、
入社してもすぐに辞めてしまいます。

社員不足が慢性化して、
残った社員が毎日のように、
残業しなければ、
仕事が終わらないのです。

残業しても、
手当がつかない場合が多く、
ただ働き状態です。

毎日残業で、
体調を崩す社員も出てきます。

年末に行われた衆議院選挙で、
自民党はアベノミクス効果を、
主張していました。

しかし末端の企業では、
アベノミクス効果を感じないとの
意見が多いのです。

仕事とは本来、
成果によって給料が決まるものです。

優秀な成果をあげれば、
高額な給料をもらいます。

できの悪い成果なら、
それなりの給料をもらうのです。

これが、
企業本来の姿ではないでしょうか?

あなたの仕事ぶりを示す指標として、
時給を使ってみませんか?

1時間あたりの労働時間で、
どれだけのお金を稼いでいるかが
分かります。

残業ばかりしていると、
労働時間が長くなります。

成果を定時に終わらせるのと、
残業するのでは、
同じ成果なら定時に終わらせる方が、
時給が高くなります。

夜遅くまで残業すると、
企業は残業手当と電気代を多く
払うことになります。

さらに、
労働時間が長くなるので、
時給はさがります。

残業は、
企業にとってもマイナスですし、
あなたにとってもマイナスです。

残業なんかやめちゃいましょう。

残業がなくなれば、
経営者も喜ぶはずです。

ブラック企業のように、
残業をやめられない場合、
あなたはどうしますか?

私なら、
そんな会社は辞めます。

あなたは、
今の会社を辞められますか?

時給を上げる行為は、
あなたの価値をアップさせることに
つながります。

もっと短期間で、
成果を上げられる工夫を
すべきです。

人間は常にチャレンジして、
進化していく生き物です。

それが、
今の会社を辞めることに
なってもです。

PS:

今日も最後まで読んでくれて、
ありがとうございます。

日刊メルマガを配信してます。

もっといろんな情報を、
これから配信して充実させて
いきます。

よろしければ、
私のメルマガに登録してください。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください