次のヒーローはあなた!


こんばんは、滋野一義です。


あなたがスーパーマンだったら、
何をしたいですか?



私は子供のころ、
たくさんの夢を持っていました。

例えば、
ウルトラマンになりたいとか、、、

今考えれば、
絶対にウルトラマンになれません。

そんなことはお構い無しで、
夢見るお子ちゃまでした。




私が小学生だったとき、
車の排気ガスが空気を汚していると、
世間で大騒ぎしていました。

それを聞いた私は、
ある夢を思いついたのです。

それは、、、

地球上のどこにでもあるモノを、
車の燃料にしようと閃いたんです。




私が車の燃料に考えたのは酸素で、
空気を取り込んで酸素を燃やしながら、
車を走らせようと考えました。

酸素を燃料にすれば、
有害な物質を排出することが
ありません。

当時の私は絶対にできると信じて、
夢を実現するために、
エンジニアになりたかった。




夢というのは儚いもので、
現実を知ってしまうと、
「出来っこない」と思ってしまいます。

40年前の私も同じで、
酸素でエンジンを動かせないと知り、
私の夢はみごとに弾け散りました。

しかし最近になって、
水素で動く車「MIRAI」を、
トヨタが開発してくれました。

酸素で走る車という夢は、
あれから40年経ちましたが、
トヨタが水素で実現してくれたのです。




私の実体験からも分かるように、
夢に描けるモノは実現できるのです。

確かにウルトラマンには、
変身することはできません。

しかしウルトラマンに近づくことは、
可能なんです。

ウルトラマンのように、
自力で空を飛ぶことはできませんが、
飛行機に乗れば空を飛べますよね。




人間の身体に羽根が生えることは、
現時点では無理だと誰でも分かります。


しかし、もしかして、、、


人間は猿から進化しましたが、
すでに進化が止まった訳ではなく、
これからも進化は続くでしょう。


だから「もしかして、、、」と、
私は書いてみたのです。




進化しなくても遺伝子を操作して、
身体に羽根を付けることが、
未来で可能になるはず。


今がダメでも、
これから先の未来になれば、
実現可能な事がたくさんあります。


先にあげたウルトラマンも、
人が変身できる能力を、
身に付けることができるかも?




ウルトラマンは、
もともと人間と同じ姿でした。


ウルトラマンの故郷である光の国で、
太陽が消滅しようとしていたのです。


そこで光の国の科学者によって、
人工太陽が造られました。


人工太陽を打ちあげたら、
太陽の光に隠されていた副作用で、
ウルトラマンに進化?したそうです。




光の国と同じことが、
地球で起きたとしても、
何の不思議もありません。


タイムマシンが発明されない限り、
誰一人として未来のことが、
分からないからです。


しかしすでに分かっている事は、
文明は常に進化を続けているという
事実だけです。





地球上に多くの生き物がいるのに、
どうして人間だけが、
ここまで進化できたのか?


あなたはこの質問に、
どのように答えるでしょうか?


「人間にはイメージできるモノを、
実現させる力が備わっている。」と、
私は答えます。






「あれしたい、これしたい!」と、
想像しながらイメージを膨らませて、
実現させるために突き進みます。



手や足や頭をフルに活用して、
いろんな道具を生み出し、
夢に向かって近づきます。



今と昭和を比較すると、
夢を実現するスピードが、
目に見えるくらい加速しています。



昔は10年以上かかったモノが、
今では数年で実現するように、
時代が変わりました。





現代に生きているあなたは、
たいへん恵まれている存在だと
思いませんか?



なぜならあなたが望む夢が、
いつか必ず実現できるからです。



しかし裏を返せば、
あなたがイメージできないモノは、
絶対に実現できないのです。



この裏表を知ることで、
あなたがどこを目指していくべきか、
ハッキリと見えてくるはずです。






<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの素敵な夢が実現するように、
私が援護射撃をしましょう。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
無料でプレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です