資産は見た目で選ぶな!


こんばんは、滋野一義です。


あなたが考える資産は、
本当の資産じゃありません。



あなたは資産という言葉を、
一度は聞いた事があるでしょう。

資産の対義語を調べてみると、
「負債」という言葉が出てきます。

私は資産について、
まったく知らなかったのです。

資産について調べてみると、
勘違いも甚だしい状態でした。



資産をウィキペディアで調べると、
こんな事が書かれています。

「将来的に会社に収益をもたらす
ことが期待される経済的価値のこと」
だそうです。

これは会社を例にあげていますが、
会社を「あなた」に置き換えれば、
もっと分かりやすくなります。

将来のあなたに、
利益をもたらすことが期待される
経済的価値のことです。




一般的にあなたの資産といえば、
預金だったりマイホームなど、
思いつくでしょう。

しかしウィキペディアの説明では、
将来の利益につながる物が、
資産だと言っています。

そう考えると、
マイホームや土地や車などは、
資産じゃないかも、、、

そんな予感がしてきます。




どうしてマイホームや土地や車が、
あなたの資産じゃないかもと、
考えられるのでしょうか?

それは時価という考え方が、
この世にあるからです。

時価とは時間の経過といっしょに、
その価値が変動することを
意味します。




例えば10万円で購入した鞄は、
使っていくうちに傷ついて
劣化します。

数年後には商品の価値が下がるので、
売りたい時の金額のことを、
時価と言います。

例にあげた鞄のように、
購入金額よりも時価が下がったら、
あなたに利益はありません。

もしも3年後に7万円で売れたら、
価値が3万円減っているので、
損をしたことになります。




あなたが購入した時点が新品でも、
一度使った時点で中古品になります。

購入してから一度も使わなくても、
新古品になるので、
必ず価値が変わります。

中古品でも新古品でも変わらずに、
一般的には価値が下がります。




しかし中古品や新古品でもごく稀に、
価値があがる現象が起こりす。

現存する商品が極端に少なかったり、
マニアがどうしても欲しくて、
お金を積むときです。

このような状態になった商品を、
「レア物」と言います。

あなたが所有している、
有形と無形の商品の中にレア物が、
どれだけありますか?




今まで私もそうでしたが、
あなたの車やパソコンなどを、
自分の資産だと思っていたでしょう。


上記のように考えれば、
車の時価は新車よりも安くなり、
さらに毎月の維持費もかかります。


高級車を買っても、
維持費が相当かかります。


売る時にどんなに高い評価でも、
トータルで考えれば、
赤字になって負債となります。




夢のマイホームも同じで、
時間が経過するごとに、
マイホームが老朽化していきます。


修繕費もかかるだろうし、
時価が下がることが予想されるので、
マイホームは負債になります。


絶対に負債になるから、
マイホームを買ってはいけないと、
言う事はしません。


頭を使えば、
負債から資産にすることも、
可能だからです。




あなたが購入したマイホームを、
最初から他人に貸しだせば、
家賃収入をもらえます。


家賃収入としてもらったお金が、
マイホームの修繕費と、
時価との差額よりも多くなれば、
マイホームは逆に資産となります。


どうしても有形の所有物は、
経年劣化が起きるので、
時価が下がってしまいます。


有形の所有物を資産にするには、
知恵と努力が必要になるでしょう。




あなたが所有する財産には、
知識やアイデアなどの無形の物が
あります。


無形とは形がないので、
場所を占領したり、
仕入れるのにお金がかかりません。


もっと簡単に言えば、
諸経費がかからないので、
ドンドン売れたら資産に化けます。




負債となる有形の所有物を減らして、
資産となる無形の所有物を増やせば、
あなたはお金持ちになれます。


お金持ちの家に物が無いのは、
このような考え方があるからです。


有形の所有物を減らすのも、
お金持ちに近づく第一歩になります。


今日からあなたも、
資産に対する考え方を改めて、
資産を増やす努力をしましょう。





<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの資産が増えるように、
私も協力します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です