入れ食い状態で売りまくる


こんばんは、滋野一義です。


コアな顧客狙いで、
ビジネスを始めましょう。

今日はとれたての情報を、
あなたにお伝えします。

私はネコ好きで、
YouTubeで動画をみます。

今お気に入りなのが、
ネコ部屋のライブ中継です。

ある飼い主さんのネコ部屋を、
ライブで見ていました。

ネコ部屋の飼い主さんは、
定期的にライブ動画に出演します。

飼い主さんが出演すると、
視聴者さんと情報交換や、
質問を受け付けます。

視聴者さんからある日、
“ネコのグッズを作ってください”と、
飼い主さんに依頼があったのです。

そこで飼い主さんが、
ネコのワッペンを作って、
販売することにしたのです。


今日出演した飼い主さんが、
ワッペンの詳細を発表しました。

ワッペンは表面を防水加工して、
販売することにしたのです。

地元の業者さんと打ち合わせをして、
2,000円になると報告しました。

購入者の負担にならないように、
価格を抑えようと、
価格を設定したのです。


ワッペンの価格を発表したところ、
視聴者から“もっと高くても買う”
という意見をもらいました。

“いくらまでなら、
お金を出してもいいか?”と、
質問したところ、、、

“3,000円までなら払う!”
という意見が多数ありました。

これって、
スゴイと思いませんか?


飼い主さんにとって、
初めてのグッズ販売です。

価格を高額に設定すると、
買い手がいないことを心配して、
2,000円の設定です。

しかし視聴者の声は、
1.5倍の3,000円出しても欲しいと、
言ってくれます。

このように、
コアなファンを多く抱えていると、
商品を高額設定しても売れます。


日本にネコブームが訪れています。

ペットの数が、
今までトップだった犬に、
ネコが肉薄しています。

世界でもネコは人気があって、
犬の数よりネコの数の方が、
上回っています。

犬にかかるお金よりも、
ネコの方がお金がかからない
からです。


今回の飼い主さんは、
YouTubeの動画で集客して、
グッズ販売までこぎ着けました。

動画を見たネコ好きたちが、
飼いネコのファンになったのです。

コアなファンだからこそ、
飼いネコのワッペンを欲しがります。

野良だった仔ネコを保護して、
部屋の中にカメラを設置している
だけです。


YouTubeに動画を投稿すると、
飼い主さんが規約に違反しない限り、
すっと見ることができます。

動画を見た人たちが、
列を作ってファンになります。

ユーチューバーと呼ばれる人は、
自分の身を切って、
おもしろ動画で集客します。

それに比べたら、
ネコが生活している映像なので、
勝手に集客してくれます。


ネコを含めた動物の映像は、
人間の心を癒やす効果があるので、
口コミで広がります。

放置しておけば、
コアなファンがドンドン増えます。

集まったコアなファンと、
交流を持ちながら、
ファンの要望を聞いてみましょう。

コアなファンと直接交流できれば、
どんな悩みがあるのかを、
知ることができます。


コアなファンの悩みと要望を聞いて、
そこから商品に結びつかないか、
模索してください。


もしも商品開発できれば、
あとは販売するだけです。


コアなファンの意見を、
商品開発に結びつけているから、
商品が売れないはずがありません。


あとは量産していけば、
あなたの懐に、
お金がドンドン入ってきます。


今回はネコの動画を使って、
ビジネスを成功させる具体例を、
あなたにお伝えしました。


ネコ動画ビジネスを参考にして、
あなたの得意分野で、
応用してください。


できればコアなファンと交流して、
何が欲しいのかを、
リサーチしておきます。


リサーチした内容を反映させれば、
金に糸目をつけないコアなファンは、
商品を買い漁るでしょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


コアなファン向けの商品開発に、
私が軍資金を提供します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
お渡ししますのでご活用ください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です