行列ができる宝の地図


こんばんは、滋野一義です。


今までのあなたの人生は、
宝の山だったと気付きましょう。



生まれてから今日まで、
人それぞれに人生があります。

10人いれば10人分の人生が、
展開されてきました。

今までの人生で培った経験が、
あなたの財産になります。

あの時失敗した経験も、
今はあなたの肥やしになっています。



私も数年前までは、
ノウハウコレクターでした。

収入を増やしたくて、
いろんな教材を買いあさったのです。

それぞれの教材の入口で、
前のめりにつまずいて、
その後は放置プレイ状態です。




買いあさったDVDは、
今でも山積みになっています。

PDFや動画・音声データは、
外付けハードディスクの奥深くに、
眠っています。

そうやって、
放置プレイが継続していくはず
でした。

しかし最近になって、
私の心境の変化が起きたことで、
一部の放置プレイを中断したのです。




手に入れただけで、
何もしてない教材を思い出して、
内容を確認したくなったのです。

そうやって教材を探していると、
お蔵入りしている別の教材が、
偶然私の目に入りました。

懐かしさもあって、
教材の動画を最後まで見ていたら、
とんでもない事に気付いたのです。

それは何と、
今欲しい情報そのものでした。




ランディングページには、
収入が倍増すると書いてあったので、
試しに購入してみた教材です。

当時の私はネットビジネスに関して、
ズブの素人でした。

専門用語がたくさん出てきて、
残念なことに私には、
内容がチンプンカンプンです。

手に入れた教材を使うことなく、
外付けハードディスクの肥やしに
なったのです。




時間がたって再び動画をみると、
内容も理解できるようになりました。

今までの私の人生経験から、
いろんな知識を吸収したので、
教材の内容を理解できたのです。

その教材の真の価値に、
私はやっと気付いたのです。

このように教材を理解できたのは、
私がコレクションした教材の、
ほんの一部でしかありません。




私と同じようにあなたも、
ノウハウコレクターでしょう。

あなたが集めた情報の中にも、
今だからこそ理解できる情報が、
多くあるはずです。

その情報に気付けるかが、
大きなポイントになります。




どんなノウハウコレクターでも、
買った情報は保存していますよね?

買った端から捨てるようなら、
それはノーハウコレクターでは
ありません。

それは、ただの浪費家です。

自分が稼いだお金を、
すべて溝に捨てるような行為です。




もしも手元に残してあるなら、
あなたが買いあさったノウハウを、
もう一度見直してください。

いわゆる「情報の棚卸し」を
するのです。

内容を確認してみると、
喉から手が出るほど欲しい情報に、
巡り会えるかもしれません。

もしも重要な情報が見つかれば、
あなたはノウハウコレクターを、
卒業できます。




ノウハウコレクターという言葉は、
あなたをバカにした言葉です。


無駄な買い物ばかりして、
「愚かな人間だ」と、
世間が言っています。


しかしその情報が役立てば、
情報をストックしていただけに
なります。




情報にも食べ物と同じで、
賞味期限があります。


ノウハウコレクターは、
平気で数年以上にわたって、
情報を放置しています。


情報の賞味期限が切れていると、
あなたは思い込んでいるでしょう。


しかしその考えは、
大きな間違いなのです。




たしかに情報の内容が、
現在にマッチしていないことも
あります。


それは表面的なものにすぎないので、
情報の本質をみると、
今でも十分応用できます。


この世に画期的なビジネスモデルは、
数えるほどしかありません。


その他はすべて、
昔からあるビジネスモデルを、
現代風にアレンジしたものです。




情報が古いと考えずに、
現代風にアレンジできないかと、
人生の棚卸しをしてみましょう。


出てきた情報の上っ面を、
ただ見るだけじゃなく、
情報の本質に目を向けてください。


そうすれば、
大きな収入を生みだす情報に、
巡り会えるはずです。


収入を増やしてくれる情報は、
あなたの身の回りに隠れているので、
宝の地図を探しましょう。





<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたが財宝を手に入れるために、
私も微力ながら応援します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。


こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です