チキンは骨無しに限る!


こんばんは、滋野一義です。


あなたはチキン好きですか?

某コンビニで、
あるチキンを販売していました。

暖かい商品を自宅に持ち帰ると、
どうしても冷めてしまいます。

冷めるのがイヤなので、
私は車の中ですぐに食べます。

あのチキンが気になった私は、
買ってみたのですが・・・

なんとチキンの中から、
骨が出てきたのです。

骨付きのチキンは、
確かに美味しい!

しかし、
食べた後の骨がゴミになります。

紙とかなら、
後日捨てることも可能です。

ほねは生ゴミなので、
時間がたつと異臭の原因になります。

すべてが骨付きか確認するため、
もう一つ購入してみたのですが、
当然のように骨付きでした。


骨付きチキンは、
ケンタッキーだけと思っていたので、
とても困惑したのです。


メルマガの記事を書くため、
某コンビニのチキンを確認したら、
今は骨無しに生まれ変わって
いました。


私の推測では、
骨付きが評判悪かったのでしょう。

骨が無くなったのなら、
また食べてみようと思います。


やっぱりコンビニのチキンは、
食べても生ゴミがでない、
骨無しに限ると思いませんか?


コンビニのチキンの話題は、
これでオシマイです。


あなたにお伝えしたいのは、
別のチキンの事です。


チキンという単語は、
鶏肉以外の意味があります。


チキンの別の意味を、
あなたはご存知でしょうか?


例えば、
“お前はチキンだ!”と使います。


この場合の“チキン”は、
“臆病者”という意味で使われます。


それを踏まえて、
”あなたはチキンですか?”
と聞かれたら、
あなたはどう答えますか?


自分から臆病者だと認める人は、
ほとんどいないでしょう。


本当に臆病者だとしても、
他人に言うほど恥ずかしい事は
ありません。


臆病者ほど、
他人に知られたくないので、
隠したがるものです。


今は臆病者じゃないとしても、
歳を重ねていくうちに、
人間は臆病になっていくものです。


歳を重ねていくと、
過去の実績というものが、
出来上がります。


いい意味で捉えれば、
経験値が上がるとも言えますが、
これは後ろ向きの考え方です。


経験値という目安ができるので、
これから先を予想して、
新しい挑戦を占うのです。


過去の実績と照らし合わせて、
成功するか失敗するかを
判断します。


過去の実績から、
失敗敗するだろうと判断すると、
新しい挑戦を避けます。


そうやってすべてにおいて、
自分の経験値から判断すれば、
それでも良いでしょう。


中年になってくると、
現在の環境を変えたくないので、
新しい挑戦を断念するための
理由を探し始めます。


すべての新しい挑戦は、
やらない事になるでしょう。


新しい挑戦をやめると、
まったく新しい刺激がないので、
脳を老化させることになります。

こんな状態が長く続くと、
痴呆症になるリスクが高まる
でしょう。

中年になれば家族が増えので、
軌道修正するためには、
大きな足かせとなります。

あなたはまだ若いはずなので、
新しいことに挑戦する習慣を、
早く身に付ける事が重要になります。


食べるチキンは骨無しが一番ですが、
人間の場合は骨のある男を
目指すべきです。

過去の実績は、
今のあなたを作った土台ですが、
未来のあなたを作る土台は、
これからの経験だけです。

新しい経験がまったくなければ、
今のあなたのままで、
進化は止まります。

過去に出来なかった事でも、
今なら出来る可能性があるので、
何でも“出来る!”と考えて、
死ぬまで挑戦を続けましょう。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


臆病者は老化のサインなので、
臆病者にならないように
注意しましょう。

いろんな情報を配信しているので、
こちらをクリックして、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です