見栄っ張りは大損人生


こんばんは、滋野一義です。

新製品には落とし穴があるので、
手を出してはいけません。

Windows10が無償配布を始めて、
1ヶ月が経ちました。

パソコンのOSがWindows7以降なら、
無償アップグレードできます。


好奇心旺盛なあなたは、
もうアップグレードしましたか?

実は、
しばらく待った方がいいのです。

OSの無償アップグレードが、
パソコン業界で流行しています。

Appleが先頭を切って、
OSの無償アップグレードを
始めました。


Appleに続いてGoogleも、
無償アップグレードを
条件付きで始めています。

1人残されたMicrosoftが、
やっと重い腰を上げました。


OSのアップグレードは、
パソコンを購入すれば、
必ず訪れます。

パソコンを買い替える
いい機会になります。


買い替えなくても、
新しいOSを買ってもらえば、
メーカーは儲かります。

無償アップグレードにすると、
新しいパソコンも売れないし、
OSの購入金も手に入りません。


OSの無償アップグレードは、
メーカーの収入が減るのに、
どうしておこなうのでしょうか?


それは、
顧客の囲い込みをしたいからです。


OSのアップグレードが無償の方が、
顧客にとってメリットがあるので、
同じOSを使い続けるでしょう。


OSが有料だと、
OSの無償へ流れていくので、
顧客離れが進むからです。


Windows10が、
無償アップグレードできるからと、
すぐに飛びつくのは危険です。


AppleのOSとは諸事情によって、
まったく環境が違うのです。


Appleのパソコンは、
設計から製造まで一貫して、
Appleがおこなっています。


OSが何度アップグレードしても、
自ら設計した商品で使うので、
トラブルが少ないのです。


一方のWindowsは、
根本的にAppleと違います。


世界の多くのメーカーが、
Windowsに合わせて、
自分たちのオリシナリティを出した
パソコンを製造します。


Windows10が、
Windows7以降と互換性があっても、
あなたがお持ちのパソコンは、
Windows10用に作られていません。


この点が、
AppleとMicrosoftの
立場の違いです。


パソコンのメーカーごとに、
セッテイングが違います。


このメーカーは問題なくても、
こちらのメーカーが動かないことも
あります。


もうしばらく待っていれば、
世界中からWindows10の欠陥を、
指摘してくれます。


それを踏まえて修正版を作るので、
修正版が出るまで待つ方が、
いいのではないでしょうか?


Windows10の無償アップグレードは、
1年間の猶予があるので、
まだ時間は十分あります。


美味しいニンジンを見ると、
すぐに飛びつきたくなる気持ちは、
流行りモノ好きな私も分かります。

しかし、
新商品には欠陥がたくさん
隠れています。


新商品は、
メーカーのテストがあるので、
欠陥があるはずがないと思ったら、
大間違いです。

私は電子部品メーカーで、
20年以上開発に携わってきたから
断言できます。

メーカーでテストをしますが、
それは国が決めたテストと、
会社独自に決めたテストしか
おこないません。

いろんなテストをしても、
市場でトラブルが必ず起きます。


新商品は、
機が熟すまで待つ方が無難です。

しかしながら、
人よりも早く新商品を手に入れて、
優越感に浸りたい人もいるはず
です。

どうしても待てないなら、
アフターサービスが充実した所で、
購入してください。

<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたに有益な情報を、
毎日配信しています。

よろしければ、
こちらをクリックしてから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です