だらけた脳に「喝!」を入れる方法

こんばんは、滋野一義です。

長年ビジネスをおこなっていると、
行き詰まることがあります。

いい案が浮かばなかったり、
作業効率が著しく低下します。

こんなマンネリ化を一喝して、
仕事を最速で終わらせましょう。

ビジネスはどんなに儲かっても、
同じ作業の繰り返しです。

昨日も今日も、
そして明日も明後日も、
同じ毎日になります。

いわゆる、
ルーチンワークとなります。

毎日同じ作業が続くと、
どうしても作業効率が低下します。

作業効率が低下するのは、
どういった理由からでしょうか?

あなたが、
根っからのなまけ者だから
ではありません。

あなたの脳が、
そうさせているのです。

脳の特性が、
大きく関わっているためです。

ルーチンワークは、
同じ作業の繰り返しです。

ルーチンワークが丸1日かかると、
身体はそれなりに疲労するから、
やり遂げたという達成感を持ちます。

しかし脳から見ると、
同じ作業の繰り返しは、
脳内に作られた回路を、
毎回使っているだけです。

同じ回路を使っても、
脳に対して何の刺激にも、
なっていないのです。

脳内に新しい回路を作る行為こそが、
脳に刺激を与える唯一の方法です。

脳に刺激を与えるには、
いつもと代わり映えしない
ルーチンワークではダメです。

ルーチンワークをするにも、
場所を変えたり道具を変えたりと、
何らかの変化が必要です。

当然、
まったく新しい作業に挑戦すると、
脳に対して一番の刺激となります。

あなたの脳を、
錆びつかせないためにも、
いろんな方法を使って、
刺激を与え続けてみましょう。

例えば、
いつも職場で仕事しているなら、
場所を変えてみましょう。

パソコン1台で仕事できるなら、
外回りに出たときに、
喫茶店で仕事してみるのも
いいでしょう。

喫茶店で仕事する利点は、
他のお客さんに混じるので、
集中できて作業効率がアップします。

最近の喫茶店は、
Wi-Fi環境が整っており、
電源も借りられます。

さらに、
できるビジネスマンに見えます。

最近のネット環境の発達から、
喫茶店で仕事をるビジネスマンが、
急増しています。

喫茶店で仕事した際に
注文したコーヒー代が、
必要経費として認められるように
なりました。

社外に出られないなら、
社内で集中できる場所を、
見つけておきましょう。

図書室があるなら、
静かなので狙い目です。

このような場所を、
複数確保しておきましょう。

マンネリを感じて行き詰まっても、
環境を変えて、
脳に刺激を与えましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

マンネリを打破して、
クオリティの高い作業をしましょう。

こんなメルマガを配信しています。

よろしければ、
こちらから登録願います。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください