リッチマンになれない原因は◯◯◯だ!

こんばんは、滋野一義です。

グーグルで検索することが
一般化しています。

一度検索すると、
候補が何十件も表示されます。

検索候補から、
お目当ての情報を探すのが手間です。

しかし人間の脳は、
関心のある情報しか受け取りません。

リッチマンに関する情報がないのは、
あなたの、、、。

人間の脳には、
情報を選択するフィルターが
ついています。

そのフィルターが高性能なんです。

必要ないと判断した情報を、
脳に送る前にシャットアウトします。

必要と判断すれば、
当然脳に情報を送ります。

脳の高性能フィルターのことを、
RASと言います。

RASが判断する基準は、
あなたが今現在、
関心があるかないかで判断します。

関心がない情報は、
RASで弾かれてしまいます。

反対に、
関心がある情報は、
必要と判断して脳へ送ります。

友人と一緒に映画館に行って、
映画の感想を話し合っていると
しましょう。

友人の感想で、
「そんなシーンがあったかな?」と、
思ったことありませんか?

これが、
RASの働きによって起きた現象で、
あなたと友人は別人格だから、
当然関心のあるモノが違います。

関心がなかった映画の1シーンが、
抜け落ちているのです。

RASの働きを知ると、
あなたが今どんな状態か、
はっきり分かるはずです。

今の環境にいるのは、
あなたが関心を強くもっている
からです。

現在リッチマンでなければ、
あなた自身がリッチマンへの
関心がないのです。

今がいいと思っているから、
現在の環境にいます。

リッチマンになるための情報は、
実はあなたの周りにたくさん
あります。

しかし、
あなたの脳に情報を送ろうとしても、
RASがシャットアウトしています。

リッチマンになるための情報は、
右の耳から入ってきて、
ノンストップで左の耳から
出ていきます。

だからあなたは、
リッチマンになれません。

これが現在の状況です。

しかしあなたは、
RASの働きを今回知ったので、
どうすればいいか、
お分かりだと思います。

そうです、
今からリッチマンになることに、
関心を強くもてばいいのです。

リッチマンになりたいと
思い続けるだけで、
リッチマンに関する情報を、
RASが必要であると判断します。

明日から、
リッチマンに関する情報が、
すべてあなたの脳に送られます。

この状態になると、
リッチマンに関する本とか、
テレビ番組が目につくように
なります。

その中から、
あなたにピッタリな情報を選択して、
実行に移せばいいだけです。

そしてあなたは、
リッチマンの域に到達します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください