御嶽山噴火にみる自然災害への対処法

こんばんは、滋野一義です。


今日の午後、
岐阜県と長野県の県境にある御嶽山が
噴火しました。

今年は雨が多く、
各地で水害が発生しており、
これからの異常気象と絡めて
対処法を考えてみましょう。

御嶽山は、
私が生まれてから数回噴火してます。

御嶽信仰といって、
昔から山岳信仰が有名で
毎年大勢の登山者が御嶽山に
登山します。

今年の日本は、
初夏から雨が多くて
床下浸水や道路の冠水があったり、
土砂崩れなどがいたるところで
起こっています。

先日も、
東京で地下の改札が水浸しに
なりました。

御嶽山の噴火は別ですが、
水害は地球の温暖化による影響だと
一般的に言われてます。

しかし本当なのでしょうか?


確かに平均温度は、
上昇傾向にあります。

過去の地球は、
恐竜が生きていた時代、
今よりも気温が高かったけれど
氷河期がきて寒くなって
ゆるやかに気温が上昇しながら
現在にいたっています。

人間が誕生して現代までは、
地球側からみれば仮に1時間とすると
1秒にも満たないんです。

このように考えると、
二酸化炭素の排出が原因で
気温が上昇しているのか、
それとも再び恐竜がいた
時代のような気候に戻ろうと
しているサイクルの途中かは
分かりません。


こればっかりは、
地球が原因の気候の変化サイクルは
100年単位ではわかりません。

二酸化炭素の排出をなくしても、
気候の上昇が止まらない場合だって
あります。

異常気象が簡単に終わるはずもなく、
あなたが死ぬまで続くでしょう。

それに連動して、
大きな地震が起きたり
火山が噴火したりと、
天変地異がいつ何時起こるか
予測不能です。


あなたの自宅付近に
山や大きな河川がなくても、
出張先や旅行先で災害や事故にあう
可能性があります。

どうなっても良いように、
日頃から心の準備をしておくことを
おススメします。

「私は一生、天変地異に
絶対あわない。」と確信を持てれば
その通りになるでしょう。

少しでも可能性があると思ってると、
どこかで天変地異に遭遇します。


絶対の確信を持っていれば、
人間には第六感があるので、
天変地異が起きそうな場所を
無意識に避ける能力があります。

しかし、
絶対の自信を持つには相当な訓練が
必要になります。

どうしても天変地異にあわないという
確信を持てない人がほとんどだと
思います。

確信を持てないのなら、
前もって腹をくくって、
もしもの場合に備えて心構えと
準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です