人生を変えたいなら、、、


こんばんは、滋野一義です。


頭の回転を速くするほど、
すべて上手くいきます。



先日のメルマガで、
読書をおススメしました。

読書をすると言っても、
まとまった時間がとれませんよね。

そこで私は、
速読することを提案しました。

しかし説明が不十分だったので、
速読についてさらにお伝えします。



速読とは字のごとく、
本を速く読むことです。

本当に速い人になると、
見開き2ページをたった1秒で
理解します。

本を読むというよりも、
写真や絵を見るのに近くて、
一瞬で全体を記憶するのです。

この技術の事を、
「フォトリーディング」と
言います。




フォトリーディングしろと言っても、
速読の初心者さんには、
ハードルがとても高いでしょう。

私だってフォトリーディングは、
完全にはできません。

つまみ食い程度に、
内容を覚えている状態です。

ですから、
最初から張り切り過ぎると、
長続きしません。




誰でも簡単にできる速読の方法は、
現状で本を読めるスピードを、
2倍にすることです。

あなたが1冊の本を読むのに、
3時間かかるとしましょう。

同じ本を2倍のスピードで読めば、
1時間半で読める事になります。

これから先、
本を読むスピードを2倍にすれば、
あなたの時間がそれだけ余ります。




余った時間を、
あなたの将来のために使えば、
さらに素晴らしい人生になります。

速読を身に付けると、
読書の時間が減らせるだけでは
ありません。

速読が当たり前になれば、
あなたの頭の回転も、
2倍速になります。

頭の回転が速くなれば、
いろんな場面を一瞬で想定でき、
もっとも正しい選択肢を選べます。




さらに速読を習慣にしていくと、
2倍のスピードが3倍になり、
4倍になっていきます。

最終的にはフォトリーディングまで、
スピードアップが可能です。

これはすべてあなたの脳が、
加速していくから、
身に付けられる能力です。




今のあなたは、
速読をやろうと思っていないから、
脳の処理スピードは人並みです。

今から速読をやろうと決めれば、
その瞬間から心構えが変わるので、
脳にスイッチが入ります。

いくらスイッチが入っても、
一瞬で2倍のスピードで読めるなら、
3倍でも5倍でも10倍でも、
努力無しで理解できるはずです。


しかし現実は、
そう甘くないのです。




いくら読む速度を上げようとしても、
最初は脳がついてこれません。


しかしここが人間の不思議な所で、
練習すればするほど、
脳の処理能力はアップします。


最初は理解できなくても、
何回も読んでいるうちに、
スピードを上げても理解できます。


脳を甘やかさずに、
厳しい態度で虐め抜くのです。




脳の回転をアップさせるには、
まず2倍速を理解できるように、
訓練する必要があります。


例えば、
テレビ番組を録画してから、
2倍速で再生するのです。


最初は速すぎて、
まったく聞き取れないかも
知れません。


しかし何度も挑戦していけば、
段々と内容が分かってきて、
いつもと変わらないようになります。




脳は負荷をかけても、
簡単にはへこたれません。


練習すれば速くても聞き取れるから、
焦りは禁物なので、
リラックスしながら行いましょう。


本の読み方は飛ばし読みでも、
十分に内容を理解できます。


記憶に残った言葉をつなげれば、
本の内容を理解できます。





最初から全文を覚えようとはせずに、
あなたにとって重要な事から、
覚えていきましょう。



同じ本を何回も速読すれば、
内容を覚えていくので、
本の内容に段々と近づきます。



そうやって行くうちに、
読むスピードがアップして、
2倍速で読めるようになります。



録画を2倍速で理解するのと、
同じ本を何回も読むことで、
あなたは2倍速で読書できるように
なります。





2倍速で理解できるのは、
脳の情報処理スピードも、
2倍速仕様になったからです。



速読しているのに、
あなたの錆びついていた脳も、
フル回転してピッカピカになります。



脳の回転が2倍速になれば、
今までの仕事も、
2倍速で終えることができます。



もっと鍛えて3倍速や4倍速になれば、
あなたは一体どうなってしまう
のでしょうか?






<追伸>

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


あなたの脳が2倍速になるように、
私も協力します。

メルマガにご登録してくれた方に、
「誰でも10万円必ず手に入る方法」を
プレゼントしますので、
有効活用してください。



こちらから、
メルマガにご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/CANL

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です