脳が泣いてよろこんぶ!

こんばんは、滋野一義です。

私の脳がバージョンアップするほど、
泣いて喜んだ体験を紹介します。

今日はとなり組の関係で、
お寺のお葬式を手伝いました。

お寺でお葬式といっても、
田舎では一般的です。


しかし、
今回に限っていつものお葬式と
違うんです。

そうなんです、
喪主がお寺の住職さんです。

住職さんのお母さんが、
96歳でお亡くなりになりました。

私が子供の頃、
回覧板などを届けると、
お駄賃としてみかんをくれました。


去年も、
用事があってお寺にうかがったら、
お元気そうっだったのに・・・

日本女性の平均年齢が87歳なので、
亡くなったおばあさんは大往生です。

お寺のお葬式に立ち会えたのは、
これが初めてです。

何が違うかといえば、
お坊さんが全部で17人いました。


さらに、
喪主の住職さんを入れると、
お坊さんの人数が18人になります。

18人のお坊さんを、
一度に見たのは生まれて初めてです。

お葬式の司会進行は、
当然のごとくお坊さんでした。

楽器の演奏もありましたが、
合唱団がついたのは初めてでした。


普通のお葬式ではやらないことまで、
やっていました。

私にとっては、
初物尽くしの体験ばかりです。

お葬式といえば、
長いお経が続きます。

退屈で居眠りしてしまうこと
ありませんか?


私は、よく居眠りする常習犯です。

しかしながら、
今回に限っては眠くなく、
目がギラギラしていました。

お寺のお葬式という初体験に、
私の脳が活性化していたのです。

まるで、
泣いて喜んでいるようでした。


今回は貴重な体験です。

お坊さんたちの一挙手一投足を、
見逃すまいとして、
一生懸命に脳へ記憶させていました。

私の体験からも分かるように、
脳は初体験が大好物です。

私にとってはお葬式でしたが、
あなたにとっては何でもいいんです。


まったくの初体験が欲しいのです。

きっとあなたの脳も、
初体験によって活性化して、
ワンランクアップすることでしょう。

脳に関する法則を知っていれば、
どこにでも応用できます。

あなたがまったく知らない体験に、
チャレンジすればいいだけです。


ビジネスでもいいでしょう。

これからは過ごしやすい季節なので、
ビジネスに関する初体験をして、
脳ををバージョンアップ
させましょう。

PS:

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


このようなメルマガを、
毎日書いています。

このメルマガを、
あなたのメールボックスに、
お届けできます。

こちらから、
メルマガに登録願います。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です