闘牛になりきる勇気!

こんばんは、滋野一義です。

“これ、ビジネスになりそうだ!”
閃いたら即行動に移しましょう。

人間はいろんなアイデアが、
浮かんでは消えていきます。

起きている時は、
何度も経験しているはずです。


寝ている最中でも、
アイデアは浮かんできます。

夢として見ることが多く、
ビジネスを立ち上げる人もいます。

夢に見たことに挑戦してみたら、
成功することがあります。

これを、正夢と呼ぶのでしょう。


頭の中に浮かんだアイデアは、
浮かんだ瞬間は素晴らしいと
考えます。

しかし時間が経つと、
素晴らしいアイデアは、
跡形もなく忘れてしまいます。


ビジネスで成功した人たちは、
ほとんどがメモ魔です。

メモ帳とペンを肌身離さず、
持ち歩いています。


メモ帳とペンを、
なぜ持ち歩いているのかといえば、
浮かんだアイデアを書き留めるため
です。

浮かんだアイデアは雪と同じで、
気温が高いと地面に落ちて、
間もなく溶けて消えます。


ノーベル賞級のアイデアでも、
メモらないと忘れてしまうのです。


忘れてしまえば、
“アイデアが浮かんだ”という
記憶だけで終わってしまいます。


このようなアイデアは、
1日に何回も浮かんでは忘れて
いきます。


最悪の場合は、
アイデアが浮かんだことさえ、
忘れているのです。


成功者をマネして、
メモ帳とペンを肌身離さず持ち、
どんなアイデアでもいいので、
記録してみましょう。


その時は価値のなかったアイデアも、
1年後に必要となることもあります。


芸人のネタ帳と同じで、
ある期間寝かせておくと、
熟成してヒット商品を産むのです。


漫画“ジャングル大帝”も同じで、
白いライオンを描いたけれど、
すぐには使わずに寝かしておき、
主人公にして後日発表したのです。


アイデアを記録したメモ帳を、
定期的に目を通せば、
新しいアイデアとして生まれ変わる
のです。


ビジネスに使えそうな
アイデアが見つかったら、
すぐに行動を起こしましょう。


アイデアにも、鮮度があります。


行動に移すことをためらっていると、
同じアイデアに気付いた他人に、
美味しいところすべてを、
持っていかれます。


個人でビジネスをおこなうには、
会社と同じ要領ではダメです。

準備ばかりに時間をかけると、
売るタイミングを逃すなんて、
よくある話しです。

個人でおこなうビジネスの強みは、
身軽さにあります。

見切り発進しても、
欠点が見えれば軌道修正が可能です。


会社のように組織で動いていると、
軌道修正するのに何日もがかります。

個人でおこなっているのなら、
その気になれば24時間以内に、
改善できます。

サラリーマンを長くやってる人ほど、
フットワークが重くなります。

個人でビジネスを立ち上げるなら、
サラリーマン気分を払拭して、
“すぐやる!”をスローガンに、
前に進みながら修正しましょう。

PS:

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。


私の自己啓発系メルマガは、
あなたにとって必要でしょうか?

必要ならば、
こちらをクリックしてから、
ご登録お願いします。

http://mail.os7.biz/m/cddV

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です